日本の性風俗の歴史

gf01b201502271900日本の性風俗は江戸時代の中期以降が最も華やかで有ったことは、東京吉原をはじめとして各地に未だ歓楽街面影を残している所が有ります。
戦後、赤線廃止の法改正によって遊郭的な営業をしている店が無くなってしまい、それに代わってソープランド(特浴)として許可され営業して居りますが、ソープランドの基本的サービスにはオーラルセックスだけでは無く、セックス本番行為も暗黙の了解の如く実際は有ります。
キャバレーなども昭和時代は、大小各地に沢山あり全国チェーン展開しているハッスル系と呼ばれる低価格の料金で飲み食い放題で遊べて、女の子はさわり放題で女の子の了解が取れれば、お持ち帰りも可能のキャバレーも沢山あり、店内をうす暗くして営業をしている店は大半が席案内されると女の子が席につく時には、6~10本程のおしぼりもテーブルに持ってきて、オーラルセックスが出来る店が大半でピンキャバとかピンサロと呼ばれている風俗店があり、結構夜の遊びに現在よりも楽しく遊べましたが、風営法の改定がなされ性風俗と呼ばれる営業許可を店側が取得するのにも難しくなり、働く女の子も携帯の発達により掲示板サイト等を利用することで、個人的に援助交際できる様になり、セックスを目的とした遊びが単にセツクスだけとなり世知が無い遊びに遊び方に変わってきています。

サブコンテンツ